reoman LIFE
reomanの日々を日記にして、笑い転げたこと、感動したこと、とにかく何でも書いていきたいと思いまする★今はCANADA TORONTOにて、武者修行中!!!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/02/21(水)   CATEGORY: 日記
硫黄島からの手紙
観て来ました!

映画 「硫黄島からの手紙」~Letters From Iwo Jima~


ioujima2.jpg

ioujima1.jpg

ioujima3.jpg



外国にて日本語の映画を観れることに凄く嬉しくなり、早速観てきました!!!!この映画、ハリウッド映画なのに日本語!!

渡辺謙さんが以前出演した、同じくハリウッド映画「ラストサムライ」
・「SAYURI(Memoirs of a GEISHA)」だって英語でしたから。
日本のことを表現しているのに・・・。

今回は違和感なく、しっかり日本人として観て来ました!

この作品、本当にキツイです・・・。こころが苦しくなりました。
ハリウッド映画ならではのスケールで、銃撃戦、爆撃戦をかなり強烈なリアリティーで表現されていました。

私は今、この時代に生まれて、今生きているけど、戦争の時代の悲惨な事実をこの映画で改めて考えさせられました。

お国の為に・・・・。
と言って、主人、息子を戦争に取られてしまう家族の思い。
その気持ちはどれだけ辛かっただろうか・・・。
旗を立てないだけで「反逆者」と言われ、攻め立てられる。
涙をこらえて男達を見送らなければならない。。。。

実際に戦場に出て行き、家族の元に生きて帰ろうと必死に生き抜く男達。しかし、戦争の現場ではどんどんと死んで行く者、国の為に「自決」をしなければいけない者。病気に罹り死んでしまう者。
その中で、戦場の彼らは常に自分の家族を思っていた。
「必ず生きて帰るんだ。」と心に誓いながら。

ココに描かれていた「命」の重み。
1つ1つが重くて大切で。戦争はそれを簡単に消していきました。


決して2度と繰り返してはならない「戦争」。
外国で暮らしていると、戦争が起こる理由も少し分かる気がします。
文化の違いと貧富の差は争いを起こします。
日本人同士では分かっても、他の国の人たちとでは分からないことがたくさん×2あります。
でも、同じ「人間」だから。
今回のこの映画で、世界中の人が「戦争」の悲惨さを考えてくれたらいいな~と思います。きっとみんなの心に届いていると思います。



今の時代に私達は何ができるのかな?と考えたりもしました。
物が溢れていて、何をするにも便利で、いつも食べることが出来て、眠ることが出来て。
小さな何気ない幸せを大切にしていくこと。
当たり前にあるものが当たり前過ぎて、今は霧が掛かってしまっているのかも知れないですね。。。
 
あの悲惨な時代を忘れてはいけないし、繰り返してはいけない。
きちんとこの事実を受け止めて、これからも後世に引き継いで行かなければいけないですね。
今回のこの作品は、本当に心が苦しくなるけれど、目をつぶらずにしっかり見てもらいたいですね。
話題性とかハリウッドだからとかだけではなくて、真実を知るために。


映画としては本当に素晴らしい作品だと心から思います。
俳優のみなさん、本当に素晴らしい演技で何度も何度も涙が流れてしまって、当時の状況が伝わってきます。
二宮和也さん。本当に素晴らしかったです。
彼の演技に何度泣いたでしょうか・・・。

カナダでこの作品を観ることが出来て良かったです!

皆さんにも是非観ていただきたいです。
映画館で観るのがいいと思います。
ioujima5.jpg


気持ちを引き締めていろいろ頑張りたいと思います!!!

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © reoman LIFE. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。